まだまだネットが流行っていなかった頃や昭和の時代に愛人を探すのに愛人バンクって受け口が有ったんだよね。
それは、リッチなオジサマと若い女の子がお互い登録していて、愛人バンクの運営組織がプロフィールを紹介し合ってマッチングしてくれるって組織。
そんな組織も現在も細々と生き残っているみたい。
夕刊紙やスポーツ紙の1行広告に「月契約でリッチなオジサマ募集中」とかの見出しで出てたりする。
さて、そんな所で愛人募集目的にマッチするからって登録するのがいいのか?と言うと・・・
もちろん、愛人探しには最も近いとは思うけど、2つの面から今となってはお勧めできないね。
1つ目は女の子の質として、疑問が有るし、層の厚さではネットでの出会いに全くかなわないって事。
そういう組織に登録している女の子がはたして普通の女の子か?という面でも不安が有るしね。
2つ目はその運営組織の実態が、本当は裏社会の組織と繋がって居たり、風俗関係の運営組織と繋がって居たりする危険性が有るって事。
普通の人間で少し愛人契約をしたいだけなのに、裏社会の組織に少なからずの情報が渡るリスクは途方もないと思う。
下手な対応をすると、暴力沙汰や脅迫沙汰に成りかねないからね。
それから、1つ目にも通じる事なんだけど、愛人希望として登録しているのが風俗嬢のような女性の可能性も出てくるからソレは違うでしょ、となる。
あと、女の子でそういった組織に誘いを受けても、絶対に誘いに乗らない事をお勧めするね。
女の子が一人でそんな後ろ暗い組織に関わり合いになるって事は将来に大きなリスクを負う事になり兼ねないからね。
女性が一人で本当に愛人契約を結べる人を探すのなら、今の時代は出会い系サイト一択と思う。
ただ、愛人募集している人も怖い筋の人も居るかもだから、そこは慎重に選ばないといけないけどね。